home 返還額の傾向 訴訟したときの反応 歴史 その他の特徴 貸金業者ごとの特徴 無料相談

返還額の傾向

SFコーポの場合、任意和解の返還額については、
分断のあるなしに関係なく約1カ月~2カ月くらい前なら、
代理人計算の1割なら応じるという姿勢です。

ただし、最近は1割どころか数パーセントでの
和解案を出してくることもあります。

たとえば、元金が7万6千円なのに
「3千円でどうですか?」などというパターンです。
この場合は、元金のわずか5%ということになりますが、
それだけでなく3%や4%と言ってくる可能性もあります。

ですので、たとえ訴訟をしたとしても最近の傾向として
2割が限度という感じでしょう。

つまり、SFコーポの場合、
何でもかんでも「うち計算の1割だよ」
という主張を譲る可能性が極めて低いため、
返還金額が少ない場合は裁判をやってもほとんど変わらない
というのが現状となります。

三和ファイナンスの頃は、破産申し立てなどもあり
冒頭ゼロ和解や減額和解もありました。
ただし、かざかファイナンスになり比較的回収がしやすくなったものの、
訴訟に持ち込まないと支払わない傾向にありました。

また損害金は入金されても、
被告負担の訴訟費用が入金されないなどということもありました。

ページのTOPへ

返還日の期日

三和ファイナンスの頃は、
まず取引履歴を開示するまでに
3カ月~1年程度かかることも多かったのですが、
SFコーポになってからは返還日は意外と速く
1カ月後くらいになっています。

返還額が少なければ、その分、早く返してくれるという傾向があります。

ページのTOPへ
soudan

借金の過払い金返還請求は、時期が先になるほど、
請求する方にとって不利になるかもしれないからです。

貸金業者に過払い請求する方が多くなり、中には、
倒産してしまった会社もあります(アエル・クレディアなど)。
そうなると、過払い金の回収は非常にむずかしくなります。

お電話(Eメール)だけなら簡単です。

まずはお気軽に過払い金返還請求の無料相談をどうぞ

sodan

24時間受付・携帯電話からもつながります

今まさに「過払い金を請求して借金を減らそう、
払いすぎた金利を取り戻そう」
とお考え中のあなたに、
電話料金を負担していただくのはしのびありません。

司法書士法人アミーズ横浜事務所では、フリーダイヤルを導入しています。
通話料は当事務所が負担いたします。
どうぞいつでもお気軽にお電話ください。

★Eメールからのご予約は、下の「赤いボタン」をクリックどうぞ。
(ご安心ください。ボタンをクリックしても、
無料相談ページに移動するだけで、 無料相談申込みにはなりません。)

無料相談のご利用

今すぐにでも、無料相談のご連絡どうぞ!

追伸:
無料相談をご利用の方が時間を気にせずお話できるよう、
過払い金についてのご相談の予約は、
原則、1日3件までに限らせていただいています。

お早めの日に過払い金の相談をご希望の方は、
いますぐにでもご連絡をどうぞ!

ページのTOPへ