home 返還額の傾向 訴訟したときの反応 歴史 その他の特徴 貸金業者ごとの特徴 無料相談

訴訟をするとどうなるのか?

過払い金返還請求に関しては、
SFコーポの担当者から連絡が来ることはほとんどなく、
こちらが連絡してもなかなか担当者と話をすることが難しい状態ですので、
任意和解は極めて難しくなります。
過払い金に対する悪意の受益利息として
5%の付加をするのも当然難しくなります。

訴訟を起こすと期日前に連絡をしてくることが多くなります。
判決を出させないようにしているところがあり、
たとえ判決が出ても2~3割がいいところです。

訴訟に関しても代理人はほとんどつかず、
代わりに各目的支配人が出頭してきます。
また、SFコーポの場合、「前任者は辞めました」という理由をつけて
出頭すべく支配人をころころと替えてきますので、
継続的な話がまったくと言ってよいほどできないことが多く、
これはSFコーポ側の引き延ばし作戦だと言われています。

ですので、最初の段階で支配人性を争う必要が出てきます。
早期和解を望む場合、5割未満の大幅な減額和解でないと応じてきません。
判決になった場合でも、
SFコーポ側はあくまでも大幅な減額を求めてきます。
こちらがそれを拒否すると過払いの元利合計(利息を含めた金額)を
本人口座へ振り込んでくるケースがあります。

SFコーポの場合、冒頭ゼロスタートや個別、一連の論争があると、
必ずと言ってよいほど控訴になりますが、
自社で起こした控訴であるにもかかわらず出席をしなかったりと、
常に非常識な和解案を提示してくるのもSFコーポの特徴とも言えます。

ページのTOPへ
soudan

借金の過払い金返還請求は、時期が先になるほど、
請求する方にとって不利になるかもしれないからです。

貸金業者に過払い請求する方が多くなり、中には、
倒産してしまった会社もあります(アエル・クレディアなど)。
そうなると、過払い金の回収は非常にむずかしくなります。

お電話(Eメール)だけなら簡単です。

まずはお気軽に過払い金返還請求の無料相談をどうぞ

sodan

24時間受付・携帯電話からもつながります

今まさに「過払い金を請求して借金を減らそう、
払いすぎた金利を取り戻そう」
とお考え中のあなたに、
電話料金を負担していただくのはしのびありません。

司法書士法人アミーズ横浜事務所では、フリーダイヤルを導入しています。
通話料は当事務所が負担いたします。
どうぞいつでもお気軽にお電話ください。

★Eメールからのご予約は、下の「赤いボタン」をクリックどうぞ。
(ご安心ください。ボタンをクリックしても、
無料相談ページに移動するだけで、 無料相談申込みにはなりません。)

無料相談のご利用

今すぐにでも、無料相談のご連絡どうぞ!

追伸:
無料相談をご利用の方が時間を気にせずお話できるよう、
過払い金についてのご相談の予約は、
原則、1日3件までに限らせていただいています。

お早めの日に過払い金の相談をご希望の方は、
いますぐにでもご連絡をどうぞ!

ページのTOPへ