home 返還額の傾向 訴訟したときの反応 歴史 その他の特徴 貸金業者ごとの特徴 無料相談

裁判事例やその他の悪徳行為とこれからの展望

消費者金融の中でも悪名高きとも言われている
SFコーポレーション(旧三和ファイナンス)は、
数多くある業者の中でも金利が高く、
強引な取り立てや保証会社「アイ・ギャラン」を入れ、
保証料と併せてさらに高い金利を取り立てていたことで有名です。

2007年4月4日には、違法な取り立てを行うマニュアルを作成して
債務者の家族に借金の肩代わりを強要したり、
親族の家にまで押しかけたりするなどの貸金業規制法違反により、
金融庁から全店舗を対象に4月23日から最長6月27日まで、
返済受付以外の全業務停止を命じられました。

また2008年5月16日には、
埼玉県の大宮西口支店で支店長自らが脅迫や立て続けに電話するなどの
社内規定に違反する取立てを行うなど、
現場の監督が十分に行われていなかったとして、
関東財務局長から同店舗について5日間の業務停止命令と
業務改善命令を受けています。

過払い金返還請求に関する裁判では、2009年7月9日に出た判決によると、
「取引履歴の開示は速やかに行った」
「推計計算書の提出が訴訟提起後だからといって
直ちに不法行為に当たるものではない」

とするSFコーポ側の主張に対し、
東京高等裁判所は「速やかに開示していると主張するが、
その後、口頭弁論期日に至って新規取引日に締結した
借入限度額基本契約書などを提出しているのだから、
提起前に開示が可能であった
取引履歴のすべてを開示したということはできず…」

として過払い金に加え不当行為による損害賠償金の支払いを
SFコーポに命じています。

ページのTOPへ

取引履歴開示日

SFコーポの場合、取引履歴の開示までに約1カ月~3カ月以上とかなりの時間がかかることが多くFAXで送られてきます。 残債務がある場合や取引期間が短い場合などは、比較的素早く対応し2週間程度で開示してくることもありますが、すでに完済しているものについては特に時間がかかるケースが多くなっています。場合によっては履歴が出てこないこともあります。また、新しい履歴から小出しにしてくることもあり、さまざまな意味で過払い返還の請求をするのが難しい会社です。 裁判になっても10年以上前の取引履歴については「コンピュータ上では10年経過するとデータを破棄している」と主張して開示してこないことが多く、「開示しません」と担当者が断言するケースもあります。また、紙のデータに関しても「倉庫にある」と言ってみたり、「わからない」と言ってみたり一貫性がありません。 取引履歴の開示請求の電話をすると、「折り返し電話をしますので」と言われ待っていると、結局、連絡がこないことがほとんどです。ですから、履歴の開示は文書提出命令を申し立てる必要が出てくることもあります。ただし、履歴非開示の慰謝料請求に関して、各取締役を被告に加えることですんなりと履歴を出してきて和解が成立したというケースもあります。尚、三和ファイナンス時代には、関東財務局から「組織的な取引履歴隠しと虚偽回答をしている」と認定もされていますので、かなり悪質な業者だと言えます。

ページのTOPへ
soudan

借金の過払い金返還請求は、時期が先になるほど、
請求する方にとって不利になるかもしれないからです。

貸金業者に過払い請求する方が多くなり、中には、
倒産してしまった会社もあります(アエル・クレディアなど)。
そうなると、過払い金の回収は非常にむずかしくなります。

お電話(Eメール)だけなら簡単です。

まずはお気軽に過払い金返還請求の無料相談をどうぞ

sodan

24時間受付・携帯電話からもつながります

今まさに「過払い金を請求して借金を減らそう、
払いすぎた金利を取り戻そう」
とお考え中のあなたに、
電話料金を負担していただくのはしのびありません。

司法書士法人アミーズ横浜事務所では、フリーダイヤルを導入しています。
通話料は当事務所が負担いたします。
どうぞいつでもお気軽にお電話ください。

★Eメールからのご予約は、下の「赤いボタン」をクリックどうぞ。
(ご安心ください。ボタンをクリックしても、
無料相談ページに移動するだけで、 無料相談申込みにはなりません。)

無料相談のご利用

今すぐにでも、無料相談のご連絡どうぞ!

追伸:
無料相談をご利用の方が時間を気にせずお話できるよう、
過払い金についてのご相談の予約は、
原則、1日3件までに限らせていただいています。

お早めの日に過払い金の相談をご希望の方は、
いますぐにでもご連絡をどうぞ!

ページのTOPへ